派遣から正社員に転職する方法

派遣社員から正社員へ転職する方法には、いくつかのものがあります。まず、就業先の人から誘われるものです。雇用者側からすれば、すでにスキルなどを熟知しているため、雇いやすいと言えるでしょう。働いている側からしても、業務内容などをすでに把握しているため、正社員として働きやすいと言えます。言い換えれば、ミスマッチの少ない転職方法でもあります。

しかし、一般的に派遣社員と言えば、登録型を意味します。派遣会社の登録スタッフですが、あくまでも会社に属する被雇用者の立場です。したがって、契約半ばでの就業先への転職となれば、中抜けと呼ばれる状況となり、移籍金などが発生する場合があります。結局は、会社同士の判断となりますが、この点を十分注意しておくことが大切です。しかし、紹介予定派遣というものがあります。

これは半年を目処に正社員として働ける可能性があり、21世紀になってから認められるようになりました。ミスマッチが少なく、しかも、中抜けと異なり、契約段階から正社員就業を前提として働くようになっています。もちろん、双方の合意が必要ですが、あまり問題の起きない方法であり、今ではオーソドックスなものの一つでしょう。

なお、上記の件は、日系企業の特徴でもあります。外資系企業であれば、中抜けという問題も少なくなっています。これは、登録型であっても、事前契約で取り決めておく傾向があるからです。ただし、外資系企業といっても、すべてのケースで当てはまる訳ではありません。契約で認められていない場合は、日系企業と同様な問題が発生します。また、基本的には、英語力が問われることになります。職場によっては、英語を使わない外資系企業もありますが、こういう点も十分認識しておくべきでしょう。

ちなみに、登録型ではなく、常用型であれば、正社員として働くことになっています。転職先として、一般型を利用している派遣会社を探してみることも、正社員として就業する一つの方法になるでしょう。