派遣から正社員登用制度の厳しい現実とは

派遣から正社員登用になるのは難しいです。理由として、企業側にとっては正社員として雇うことは難しいからです。正社員として雇うと、固定費というものがかかるため、人員を確保するなら、変動費扱いで調整可能な派遣を選ぶと考える企業が多いです。工場などの製造業では、生産が変動しやすいので、作業の大部分を非正規労働者に任せているという職場もあります。

また、派遣法が改正されたことにより、同じ部署で働ける期間の上限が3年となりました。しかし、部署を変えれば同じ職場で働くことが出来ることも可能になりました。つまり、3年ごとに部署を変えられる可能性があるので、正社員登用の機会が少なくなります。

しかし、正社員になれる方法はいくつかあります。1つは、紹介予定派遣です。これは、一定期間後、正社員として雇用される働き方です。2つめに、派遣会社に正社員登用される常用雇用型です。これは、働き方は変わらず、給料が一定になるという利点があります。いきなり正社員になることは難しい場合でも、契約社員として直接雇用を結ぶと、給料が安定します。

それらが難しい場合は、転職をオススメします。近年製造業や福祉の現場では、正社員の求人が多くなっています。派遣で製造業に従事していた場合は、培った経験を活かすことが出来ます。ハローワークでは、就職相談の他に、転職に向けたセミナーなども開催しております。

転職するときには、自分はなぜ派遣として働いていたのかを説明することが出来るようにすることです。有効なのは、資格を取るための勉強時間を確保したくて、融通がきく働き方を続けていたという説明です。また、同職種に転職する場合には、経験やスキルを培うために派遣として働いていたという説明をすることで、説得力が増します。

近年、非正規雇用を雇う企業が多くなり、正社員登用はますます難しくなります。自分がこれまで働いてきたなかで培った経験を上手く活用し、企業側に売り込むことが大切です。