派遣なのに正社員と同じ仕事、納得いかない

派遣というと、正社員のサポートをしたり、雑用など、責任を伴わない仕事で誰でもできるというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。その為、正社員での経験しかしていない方の中には、派遣社員の事を軽んじたり、責任がないから気楽で羨ましいと思っている方も少なくはないはずです。

しかし現実はそうではありません。企業側は、「正社員と同様に、差別もせず分け隔てなく接しています」と、表面上は良いように言いますが、実際は正社員と同じ仕事を任されることが多いのです。派遣なのに納得がいかない話ですが、企業側からは「高い時給を払っている」という感覚があり、一方派遣側からは「どれだけ頑張っても給料は上がらず、ボーナスももらえない」という感覚のズレが生じています。また、派遣会社にもよりますが、交通費がでない場合もあります。

そして何より、正社員はよほどのことがない限りは解雇をすることができませんが、派遣は、企業側の都合でいつでも契約を終了させることができます。「それは派遣側も同じではないか」と思われる方もいるでしょうが、現実問題、立場が弱い側の意見はなかなか受け入れてもらえない場合が多いのです。良い企業ももちろんありますが、平等をうたい文句にして同じ仕事をさせておきながら、いざ業績や新入社員が入ってくるなど、都合が悪くなったら遠慮なくすぐに契約を終了させる企業もあります。すぐに契約を切られないようにするには、どんな仕事も臨機応変に対応できるスペシャリストになるしかありません。

ですので、派遣だからといって正社員よりも能力が劣っているというのは大きな間違いです。企業側にいいように利用されないようにする為には、自分の契約内容をしっかりと把握し、それ以上の仕事をさせられそうになったら、すぐに担当スタッフに伝えるようにしましょう。自分の意志をきっちりと持っておかしいと思ったことはすぐに発言できるように強い意志を持つようにしましょう。