女性が派遣から正社員になる方法は?

現代では女性も男性同様、出来る限り長く働ける環境を探しています。
働く目的は個人個人違いますが、自分のやりがいを優先して働く方、年収の良い企業で働く方、出産後も戻ってこれる環境で働く方など様々です。

ただ、そんな簡単に就職先も決まらないため、とりあえずアルバイトやパートいった雇用形態で働く方も少なくありません。

アルバイトやパートの場合、社会保険などがついておらず、ボーナスも無いですし、日々の生活がやや不安定になったりもします。ただ、アルバイトやパートの場合も良い点はあります。働く先の掛け持ちが出来たりなど、正社員に比べるとシフトの融通がききやすかったりもします。あえて複数掛け持ちして気分転換したりなど。また、子供さんがいらっしゃる方は、空いた時間にサクッと働くのにも良いですよね。

派遣の場合は、職種によって異なりますが、配属先は書類や面接などで決まります。採用されると配属先で勤務します。

勤務体制などは、配属先のルールに従います。アルバイトやパートと同じく、シフトの融通は多少ききやすいですが、いつ解雇されるかわからないですし、派遣雇用期間もありますので、長く働ける環境ではないかもしれません。

ただ、派遣から正社員にシフトすることも可能です。各企業にもよりますが、直接雇用されることが前提での一定派遣制度。こちらは直接雇用された際の、よくある研修期間と同じです。一定派遣期間に企業側は、会社に必要な人材なのか、また即戦力になるのかなどを見極めます。
次に、派遣先で必要とされるよう仕事を精一杯こなすことによって、派遣側から直接正社員オファーを頂くこと。

また、正社員の欠員によって雇用されるなど、このケースはよくあります。
これらの流れは、紹介料が発生しますので、一つの提案としては、企業側に気に入ってもらえるよう自己アピールをしっかり行い、派遣会社を自己退職して、正社員として新たに面接を受けることが、正社員への近道かもしれません。

もしまだ社会経験が少ないなら、第二新卒向けのエージェントを利用することでビジネスマナーの基礎から学ぶことができます。
第二新卒おすすめ転職エージェント比較