派遣が正社員に転職したい理由とは

派遣で働く人が正社員に転職したいと思った理由
派遣社員は派遣会社の社員で、派遣先の社員ではありません。そのため、派遣先で正社員の人との格差に悩み正社員になりたいと希望する人も多くなっています。同じ仕事をしているのに、正社員ほど良い待遇が受けられないという悔しい思いをした人が正社員への道を希望することが多いです。また、派遣社員の多くはボーナスが出ないので、ボーナスで年収を上げたいと思う時も正社員になりたいと思うという人が多いです。

派遣と正社員の大きな違いとは
正社員と派遣の大きな違いは、「福利厚生などの待遇」と「安定性」です。正社員は会社と直接雇用で結ばれていますので、会社の定める福利厚生を受けることができます。しかし、派遣社員は何年同じ会社に派遣されて働いていても、正社員と同じ待遇を受けることはできません。正社員よりも仕事ができる人だったとしても、正社員と同じ待遇を派遣先から受けることはできないのです。安定性についても正社員よりは劣ります。派遣社員は会社の業績が悪化した時に真っ先に契約を解除されます。ある日突然ということも多いのです。派遣で働く人が正社員になろうと思うのは、正社員との待遇の差や突然の解雇におびえる立場を終わりにしたいと思った時です。

派遣から正社員に転職できるのか
基本的には多くの会社で派遣社員から正社員への道は用意されていません。これは会社の方針によるもので、派遣社員を過去に正社員として雇った実績があれば叶わないことはありませんが、本当に稀な話です。雇用のミスマッチを防ぐ目的で会社側が「まずは働いてみて本人の希望やスキルを知りたい」という場合、「紹介予定派遣」という形で派遣会社に求人をかけることは多いです。紹介予定派遣では、数か月間は派遣社員として働き、その後正社員として雇用する準備があるという派遣の形態です。派遣社員から正社員になりたいと思うのであれば、初めから紹介予定派遣の求人を探すことをオススメします。