派遣から正社員になれない人の特徴は?

特徴として、まず仕事を真面目にしない人です。自分は派遣だからと、手を抜いて仕事をしている人がいます。給料を頂いている以上、仕事は真面目に行うことは、当たり前のことです。派遣として入社し、真面目に働いたことが評価されて、正社員になれるケースもあります。

2つめに、悪口ばかり言う人です。派遣はボーナスがないです。そのため、ボーナス時期になると、正社員はボーナスをもらって羨ましいと、悪口をいう人がいます。他人の荒探しばかりして、自分のスキルを高めようとしない人は、正社員にはなれないです。また、不景気だから仕事がないと言っている人もいます。しかし、製造業や福祉の現場では、求人が数多くあります。つまり、職種を選んでいるので、仕事がないと言っているのです。

3つめに自分から行動しない人です。仕事が忙しいので転職活動が出来ないという人もいます。しかし、ハローワークの中には土曜日も営業しているところもあります。また、インターネットでハローワークの求人情報を閲覧することも出来ます。さらに、派遣の中にも、一定期間派遣として働いた後正社員になる紹介予定派遣や、派遣会社の正社員になる常用雇用型といった制度があります。

資格を取りたいけれど、時間がないという人には、通信教育で資格を取ることをオススメします。通信教育ならば、自分のペースに合わせて勉強できることが利点です。金銭面で不安がある人は、教育訓練給付制度を活用することをオススメします。これは、雇用形態を問わず、1年以上雇用保険に加入している人を対象としています。厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し、修了すると、教育訓練施設に支払った訓練費用の一部が支給されます。

派遣が正社員になれない大きな理由は、今の現状に甘えているからです。転職活動が面倒くさい、仕事が忙しいと理由をつけて、居心地が良い状況から抜け出したくないという想いがあるので、行動できない人が多いです。本当に自分を変えたいときには、甘えることを辞める覚悟を持つことです。